木工家具木製家具の成澤木工

木工事と家具内装

木工事と家具内装 業務案内

成澤木工は、こんな仕事をしています。

製品が出来上がり、納品されお客様がお使いになるまでにはさまざまな工程があります。
成澤木工は、建築工事部と家具内装部の2部門で構成されています。弊社は主として鉄筋コンクリートや鉄骨造りの建物の中の木工事(造作工事)を建築工事部が担当し、家具内装部は造付家具や木製建具などを担当します。

ここでは家具内装部が担当する造付家具の流れについてご紹介します。

木工事と家具内装 業務案内

資材納入・材料検査

承った家具の仕様に合わせた材料を、製材所又は建材屋から仕入れます。本社工場において、その材料の質・サイズなどを検査員が入念に品質チェックします。

設計・加工・組立

受注した工事の設計図をもとに、材料を加工するための組立図面(施工図)を作成します。その図面を元にコンピューター制御による加工、またある時は職人さんの長年の勘による手作業で加工と組立を行います。

検査・梱包・出荷

本社工場で組立てられた家具類は、検査員による製品検査を経て梱包し工事現場へ出荷します。

施工・検査

工事現場に搬入された家具は、建物に据え付けるための施工をします。自社内の施工検査、さらに発注者となるお客様の検査を経て無事引渡しとなります。

現在地:トップページ業務案内